第24回 四国島民四百万人の悲願であった瀬戸大橋の建設 ~本州と四国を初めて陸続きに~

日時

令和3年10月27日(水)15:00~17:00(ZOOMウェビナーによる配信)

講演者

加島 聰   元本州四国連絡橋公団 理事
⼤塚 岩男  元本州四国連絡橋公団 企画開発部上席審議役
平野 茂   元本州四国連絡⾼速道路(株)安全技術部⻑
⾦崎 智樹  元本州四国連絡⾼速道路(株)取締役常務執⾏役員

講演概要

20世紀最⼤の国家プロジェクトと⾔われた瀬⼾⼤橋は、構想から100年、調査開始から30年の歳⽉を経て、1988(昭和63)年4⽉10⽇に開通した。瀬⼾⼤橋の建設に向けて⽇本の⼟⽊技術の総⼒が結集された。さらにこの完成により、フェリーに頼っていた本州四国間の⼈や物の往来は格段に改善され、瀬⼾内のみならず⻄⽇本の経済活性化に⼤きく貢献することとなった。講演では、瀬⼾⼤橋のうち最⼤規模の南北備讃瀬⼾⼤橋の建設を中⼼に技術的課題の克服等について講演する。

template: single
タイトルとURLをコピーしました